インドネシアからの活動記録

ジャカルタと名古屋でガルーダ直行便がスタート!

名古屋(中部)-ジャカルタ線」2019年3月23日(土)より、週4便で就航決定。

ガルーダ・インドネシア航空会社は、2019年3月23日(土)ジャカルタ発より、「名古屋(中部)-ジャカルタ線」を就航することを決定いたしました。「名古屋(中部)-ジャカルタ線」は、中部国際空港(セントレア)とジャカルタ間を結ぶ初の直行便として週4便運航し、使用機材は、A330-200 / 300型機を予定しています。

現在、ガルーダ・インドネシア航空は、成田(東京)-デンパサール(バリ島)、羽田(東京)-ジャカルタ、関空(大阪)-デンパサール(バリ島)線を毎日、関空-ジャカルタ線を週3便直行便で運航しており、この度の名古屋(中部)-ジャカルタ線を加えて、日本-インドネシア間の運航は5路線週28便となります。

今回就航予定の「名古屋(中部)-ジャカルタ線」が加わることで、近年、日本の企業進出によってビジネス需要が高まるジャカルタを中心に、日本からインドネシアへ、またインドネシアから中部地方への訪日客へ、より幅広いフライトの選択肢をご提供できるようになります。

関連記事