WEB企画制作部の活動記録

東京デザインウィーク 2016 徹底視察!

東京デザインウィーク 2016

先週末、『TOKYO DESIGN WEEK 2016(東京デザインウィーク 2016)』を視察いたしました。
新幹線で90分!はるばるやってまいりました!

TOKYO DESIGN WEEK 2016とは?

クリエイティブを軸にBtoB、BtoCの2面性を兼ね備えた国際見本市

日本から世界に発信するクリエイティブの祭典”TOKYO DESIGN WEEK”はデザイン、アート、ミュージック、ファッションというジャンルを超えながら、トップクリエイターから、企業、若手、学生、ハンドメイド作家まで700を超える出展者が参加する総合的な展示会イベントです。

よりクリエイティブな生活を求める高感度なユーザーや、アクティブで情報感度の高いユーザーなど、世界各地から、多種多様な10万人が来場します。異業種とのビジネスマッチングや直接ユーザーとのコミュニケーションによる新たな発見など、通常の展示会やイベントでは得られない、予想を超えた出会いやビジネスチャンスの可能性があります。

開催概要

会場 明治神宮外苑 絵画館前
主催 TOKYO DESIGN WEEK DESIGN ASSOCIATION NPO
後援 経済産業省
特別協賛 株式会社エイブル&パートナーズ
助成 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

平成28年度 東京文化プログラム助成対象事業

前期 2016年10月26日 〜 10月31日
後期 2016年11月2日 〜 11月7日 ※11月1日は終日閉場
開場時間 11:00〜21:00 ※最終日は20:00まで
2015年来場者数 106,321名
入場チケット 2,500円(一般当日券)

クリエイティブスタッフ

クリエイティブディレクター 川崎 健二
アートディレクター 林 成生
ショーデザイナー 長谷川 喜美(ベルベッタ・デザイン)
キュレーター 今村 有策

会場は明治神宮外苑!
都心にありがなら自然が豊かですね〜。
地下鉄「青山一丁目駅」「千駄ヶ谷駅」から歩いて5分程度です。

神宮外苑

神宮外苑

ドラマの撮影現場でおなじみの並木道です。
キムタク気分で闊歩です。

東京デザインウィーク入り口

アート作品

チケットを見せて会場に入ると、さまざまなアート作品が飛び込んできます。
見ているだけでわくわく!

東京デザインウィークの展示

東京デザインウィークの展示

東京デザインウィークの展示

展示だけでなく、普段はインターネット上で購入も可能な商品が多くありました。
かっこいい〜〜!見ているだけでよだれじゅるりです。

企業や学校による展示

その奥には、企業や学校による展示が続きます。
このような素敵なアイデアが今後は商品化して身近なものになっていくんですね。

東京デザインウィーク企業による展示

充電の切れたデパイスを求めて動く充電器

充電器が愛おしく感じます。

東京デザインウィーク企業による展示

ちょうどよい温度で湯のみに変わるマグカップ

コトン!という音がコミカルでかわいい。

東京デザインウィーク企業による展示

ライトの明るさ・暗さで表情の明るさ・暗さが変化

単純ですが面白い仕掛けです!

東京デザインウィーク企業による展示

発した言葉が文字となるゲーム

滑舌に自信のない僕は苦戦・・・

東京デザインウィーク企業による展示

ソファーがブランコに

足の疲れがいやされます!

東京デザインウィーク企業による展示

鯉のロボット!

こち亀でこんなネタがありましたが、まさか現実になるとは・・・

東京デザインウィーク休憩所

休憩スペース

なんてアーティスティック!
自分の1日を50円で販売する、ホームレス小谷さんを目撃しました。

tokyodesignweek22

100年コート

コートを着た今の姿が、100年後の自分に!
大勢の来場者が見入っていらっしゃいました。

東京デザインウィーク企業による展示

ペンの書き味

未来の姿をペンで書き、街をつくります。
仕掛けによってペンの素晴らしい書き味が伝わる仕組み。ついつい僕も一本購入。

東京デザインウィーク企業による展示

ダメロボット選手権

熱意をもってつくられたダメロボットがずらり。

東京デザインウィーク企業による展示

新しい住宅のかたち

パーツを組み合わせて生活。
意外に?!すっごく落ち着きます。

東京デザインウィーク企業による展示

東京デザインウィーク企業による展示

ナイキの展示

何年たっても色褪せない!
ザ・デザインですね。

東京デザインウィーク企業による展示

服の上からおっぱい

わかってても興奮します。

tokyodesignweek42

夜景

上からライトを反射させ、街の灯に見せています。

ハプティック・デザイン

ハプティック・デザイン

ハプティック・デザイン

ハプティック・デザイン

ハプティック・デザインとは、触感のデザインです。
「ザラザラ」と「ジョリジョリ」は人によって感じ方が違うなんて、考えたことがなかったです。
振動によって、まるで現実に起きている事象のように感じられることを体験しました。

屋外の学校作品展

東京デザインウィーク学校作品展

東京デザインウィーク学校作品展

東京デザインウィーク学校作品展

東京デザインウィーク学校作品展

東京デザインウィーク学校作品展

学生のみなさんによる作品展です。
新鮮な発想には刺激を受けました!

フードスペース

こちらはフードスペース。
チキンオーバーライスをいただきました。

東京ウィークの感想

東京デザインウィークでは、僕が仕事で扱っている「広告デザイン」という範疇には収まりきらない「デザイン」に触れることができました。

これまでになかった何かに挑戦し続けて生まれた最新技術や、既存の物を使って生まれた全く新しいアイデア。
驚きや感動が盛りだくさんで、「心を動かされる、というのはこういう気持ちなんだ」ということを、様々な鋭い視点から改めて認識しました。

しかし、アートとは少し離れた場所にある広告デザインにとっても、「心を動かす」という目的は同じ。
心を動かした先のゴールとは、つまり「広告主さまの売上アップ」です。
日常の仕事では、自分でも気づかないうちに「こういう広告を求められたらこういうデザインだな」とパターン化してしまったり、制作自体がルーティンになってしまう部分が正直ありましたが、気持ちを引き締め、また広告デザインという面白さを感じることができました。

保存

by
どうしようもないWEBディレクターです。